【minton】機能アップデートのお知らせ(大会検索機能の強化・非会員の大会エントリー・障がい者向け大会対応 etc…)

みなさんこんにちは。

mintonの平子です。

しばらくの間ブログを放置してしまいました。

当然ながら、ただサボっていた訳ではありません。

mintonの新しい機能のリリースに向けいろいろと調整ごとが多く、ブログの更新まで手が回らなくなってしまいました。(言い訳

ということで、ようやくお披露目できる日が来ましたので発表させていただきます!

※アイキャッチとタイトルの内容がズレていてやや困惑された方もいらっしゃるのではないかと思いますが、読み進めていただければお分かりいただけるかと。。

新機能1:「その他の大会(Webエントリー不可の大会)」の掲載

これまで、mintonに大会情報が掲載されるには、大会運営者の方の意思で情報を入力していただき、公開してもらう必要がありました。

mintonの特徴は、 大会を探せる ことと 大会にエントリーできる ことなんですが、掲載された大会数は2017年6月時点で “21” と、せっかくの検索機能がほとんど使われていない(使うまでもない)状況です。

このままでは、大会に飢えているバドラーのみなさんが大会情報を探しにmintonに訪れるという流れにはまずならないでしょう。

なので、全国の大会情報を各地域のバドラーのみなさんに教えていただき、その情報をWebエントリー不可の大会としてmintonで検索できるようにしようと考えました。

送信していただいた大会情報は、mintonスタッフの目で精査し、検索可能な状態にするために必要なデータを入力したうえで公開します。

mintonの中の人の手間はかかります(これがけっこう大変…)が、この方法が情報提供者の方の手間を最小限に抑えられるということで採用しました。

公開された大会情報は、「大会を探す」の画面に その他の大会(Webエントリー不可の大会) として一覧表示されます。

当然ですが、大会名や地域、参加対象者などの条件を指定しての検索が可能です。

日本国内で、年間でいったいどれくらいの大会が開催されているんでしょうか…見当もつきませんが、その中から自分の出たい大会を即座に探し出すことが出来る。素敵ですよね。

本来であれば、そのままスマホからエントリーできるというところがminton最大の魅力なんですが、知名度・信頼度ともまだまだ発展途上であり、今はまだ掲載数の少ない”Webエントリー可能な大会”を増やしていくためにも、この仕組みが必要だと考えています。

mintonで大会を検索して、そのままPCやスマホからエントリーすることができる。しかもすごくカンタンに。

そんな未来が、もうすぐそこまで来ていますよ!

新機能2:minton非会員の大会エントリー

mintonを使ってもらう中で、耳が痛くなるほど聞こえてくるのがこちらのご要望です。

「みんな会員登録しなきゃダメなの?」「スマホ持ってない人はどうしたらいいの?」「mintonとか聞いたことないサービスにいきなり会員登録なんてしたくないわ…」などなど、、

…ごもっともでございます。

当初は開発予算の都合もありスコープから外していましたが、予想以上にネガティブな声が多かったため開発に踏み切りました。

エントリー代表者の方(参加費を決済する方)には今までどおり会員登録をしていただく必要がありますが、それ以外の方は会員登録どころかメールアドレスも無しでエントリーできちゃうようにしました!(拍手~

但し、メールアドレスを入力していただければ当該メンバーに対しエントリー完了や組合せ掲載などの各種メール通知が送られるようになっていますので、面倒臭がらずに入力していただいたほうが便利ですよーということは念のため付け加えておきます。笑

この機能の公開で問い合わせやクレームは半分以上減るんじゃないかな…と個人的には思っています。

新機能3:障がい者大会への対応

エントリー管理機能としては障がい者向けの大会でも管理することは出来るのですが、mintonユーザーがそれらの大会を検索したい場合、明示的にフィルタをかけることができませんでした。

本アップデート後は「参加対象者」の選択肢に「障がい者」が追加されていますので、すぐに大会情報を見つけ出すことが可能になります。

mintonは「すべてのバドラーの楽しいバドミントンライフを応援する」サービスです。

当然ながら、障がい者・ろう者のバドラーのみなさんも対象であり、mintonというサービスを「自分たちには関係のないサービス」だと認識してほしくないという思いから、この対応を行いました。

2020年東京パラリンピックの開催に向け日本国内でも注目が高まってきていますので、この勢いのまま2020年を迎えられるよう、当サービスもその一助になれればと思っています。

その他のアップデート

今回のリリースのうち、大きいのは以上3点です。

ここからは細かい内容ですので、ご興味のある方だけサラッと流し読みしていただく程度で大丈夫ですw

大会要項画面から管理者機能への導線追加

これまで、自身の管理する大会の要項を見ているときに、要項の内容を修正したかったり、現時点で何人くらいエントリーが来ているのかを確認したいときなどに管理画面へ移動するのがとても手間で、どこをどう押せば管理画面に行けるのかも分からないような設計になっていました。

そこで、ログイン中のユーザーが閲覧中の大会の運営者である場合、管理機能への導線が表示されるよう改修を行いました。

自分も大会を運営する立場になってみて初めて気付いた問題だったんですが、この改修のおかげでかなりストレスが軽減されるのではないかと思っています。

僕と同じように、大会運営者・大会参加者の両方の立場でmintonをご利用される方にとってはけっこう嬉しい機能だと思います。

これまで以上に快適にmintonを使ってもらえると思うと、嬉しくてしょうがありませんね!

大会一覧に「お気に入り登録数」を表示

この対応はどちらかというとminton側の都合と言えるかもしれませんが、大会一覧の画面に各大会の「お気に入り登録数」を表示するようにしました。

尚、お気に入り登録ができるのは「Webエントリー可能な大会」のみです。Webエントリー不可の大会はお気に入り登録できませんのでご注意ください。

mintonには、毎年出場している大会や今年は出れなかったけど次回は出たいという大会をお気に入り登録しておくことで、次回要項の掲載やエントリー開始などをメール通知してくれるという便利な機能が搭載されています。

この便利な機能をもっともっとみなさんに活用してほしいという思いと、大会運営側にとってもこの数値が一つの評価指標になっていくはずであるという考えから、この対応を行いました。

エントリー時の備考欄入力の必須/任意が選択可能に

特にオープン大会の場合に当てはまると思いますが、エントリー者の競技レベルが分からず組合せを作成する際に苦労するということは、多くの大会運営者の方が一度は直面したことのある問題ではないでしょうか。

「そんなときは競技レベルを備考欄に書いてもらえばいいじゃないか!」

「じゃあ、備考の入力必須/任意を選べるようにして、どんなことを書いてもらいたいかという補足文のテキストも自由に設定できるようにしちゃおう!」

という経緯で実装された機能です。笑

大会運営者のみなさん、良かったら活用してみてくださいね。

さいごに

当たり前のことではありますが、システムの改修には多額の費用がかかります。

今回のアップデートに関しても、限られた予算の中でどの要件を対応リストに含めるか、悩みに悩んで決定しました。

今のところ思うようにマネタイズできてない状況ではありますが、この手のWebサービスは助走期間がある程度長くなってしまうのはしょうがないですし、この他にも待ち行列をしている要求がまだまだ山のようにあるので、その時その時の状況を考慮しながら機能追加していけたらと思っています。

あ、あと、最後まで読んでいただいたみなさんはきっとmintonのことを応援してくれていたり、mintonに期待を寄せていたりする方だと思うので(笑)、お住まいの地域の大会情報を1つだけでも構いませんので教えていただけると嬉しいです!

今後とも、mintonをよろしくお願い致します。

それではまた~

平子 将太

mintonの人

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です