実質的な世界選手権だった!?バドミントン全英オープンを知ろう

こんにちは。ライターのよしろー(@shuttle_circle)です。

バドミントンの全英オープン(全英選手権)をご存知でしょうか?バドミントンの国際大会では全英オープンが最も歴史のある大会です。

よしろー
オリンピックや世界選手権よりも、はるか昔からやってますよ!

過去にはこの大会でも数々の熱戦が繰り広げられてきました。近年だと2016年の女子シングルス決勝、奥原希望選手とワン・シー・シャン選手との一戦は本当にタフな試合でした。

 
これはマジで激戦だった…。

というわけで、今回はそんな全英オープンについてまとめてみたいと思います。

全英オープンって?

最も歴史のある国際大会

バドミントンの全英オープンはバドミントンのワールドツアー(HSBC BWFワールドツアー)の大会の1つです。しかし全英オープンは「ワールドツアーのなかの1大会」という位置づけ以上のものがあります。

ある意味では…

オリンピックや世界選手権よりも歴史と権威のある大会と言っていいかもしれない。

まず、オリンピックや世界選手権とは、その歴史が違います。以下の動画(英語)によると、全英オープンは1899年から開催されているんだとか!オリンピック種目になったのはバルセロナ(1992年)からなので、オリンピックと全英オープンとでは100年近く歴史が違うことになる。

 
さらに、1977年に世界選手権がスタートするまでは、この全英オープンと、国別対抗戦(トマス杯・ユーバー杯)が実質的な「世界選手権」としての役割を担っていたんだというからおもしろい!

このあたり、詳しくは 世界選手権の歴史(BWF公式サイト、英語ページ)を参照。

というわけで、全英オープンはオリンピックや世界選手権よりも歴史のある大会だということはおわかりいただけたのではないでしょうか?

  • 全英オープン:1899年から
  • 世界選手権:1977年から
  • オリンピック:1992年から

全英オープンはただ歴史が長いだけじゃない。大会のレベルだって、全英オープンはオリンピックや世界選手権より高いと言っていいかもしれません。

日本代表チームのコーチである舛田圭太さんの公式ブログより引用。

正直、世界ランキング上位のほぼすべてが出場する全英オープンは各国出場制限があるオリンピックや世界選手権よりもレベルが高いと言ってもおかしくないと思います。

出典:全英オープンスーパーシリーズプレミア 6日目試合結果|け~たコーチの奮闘日記(太字は引用者による)

詳しい説明などは割愛するけれど、福万/與猶ペアのように世界ランキング9位のペアですらオリンピックに出ることができないケースだってありました(世界ランキング10位以下でオリンピックに出場しているペアがあるにもかかわらず、です)。

一方の全英オープンは「1つの国から○ペアまでしか出場できない」のような縛りがないため、必然的に強い人ばかりが集められることになる!!!

全英オープンのレベルが高い理由

オリンピックや世界選手権のように、国や地域ごとの出場枠が決まっていない。シンプルに世界ランキングの高い人から順番に出場権が与えられる。

賞金とランキングポイント

BWFの公式ページを見てみるとわかるように、2018年の全英オープンの賞金総額は1種目あたり100万ドルです。

その100万ドルは、以下のテーブルにしたがって分配されます。

優勝 準優勝 4強 8強 16強 32強
男子単 7% 3.4% 1.4% 0.55% 0.30% 0.10%
女子単 7% 3.4% 1.4% 0.55% 0.30% 0.10%
男子複 7.4% 3.5% 1.4% 0.625% 0.325% 0.10%
女子複 7.4% 3.5% 1.4% 0.625% 0.325% 0.10%
混合複 7.4% 3.5% 1.4% 0.625% 0.325% 0.10%

出典:DISTRIBUTION OF PRIZE MONEY(BWF公式サイト) を元に著者作成

シングルスで優勝すれば100万ドルのうち、7%を獲得できるということになる。つまり7万ドルですね。

よしろー
日本円にすれば700万円以上ですか!!すごい世界だ。

また、全英オープンはスーパー1000(グレード2、レベル2)の大会なので、獲得されるランキングポイントは以下の通り(ベスト64以下は割愛)。

優勝 準優勝 4強 8強 16強 32強
獲得ポイント 12,000 10,200 8,400 6,600 4,800 3,000

出典:World Ranking System(BWF公式サイト)を元に著者作成

公式サイト

イギリスの大会なので公式サイトは英語で書かれているけど、リンクしときます。

大会公式Twitterもあり:@YonexAllEngland

2018年の全英オープン

2018年の全英オープンは3月14日からスタートします!

組み合わせと結果速報

組み合わせと結果が知りたい人は、BWFワールドツアーの公式サイトにアクセスするのが最も簡単です。

それから定番どころでいえば「tournamentsoftware」というのがあります。そのサイトのバドミントンのページからアクセスしてみましょう。

出場する日本選手

トップ選手が集まる大会で日本人選手だけに注目するのはもったいない…とは思うけれど、日本から出場する選手をまとめておきます(敬称略)。

  • 男子シングルス:西本拳太、常山幹太、坂井一将
  • 女子シングルス:大堀彩、奥原希望(第7シード)、川上紗恵奈、佐藤冴香、山口茜(第2シード)
  • 男子ダブルス:金子祐樹/井上拓斗、遠藤大由/渡辺勇大、園田啓悟/嘉村健士(第5シード)、保木卓朗/小林優吾
  • 女子ダブルス:福万尚子/與猶くるみ、田中志穂/米元小春(第5シード)、福島由紀/廣田彩花(第4シード)、松本麻佑/永原和可那、高橋礼華/松友美佐紀(第2シード)
  • 混合ダブルス:渡辺勇大/東野有紗

※欠場の選手がいる場合、この限りではありません。

動画

動画はYouTubeのBWF公式チャンネルをどうぞ。

全英オープンを観る「目」

以上、伝統あるバドミントンの全英オープンについて、知っておくと役立ちそうな情報をまとめました。

よしろー
歴史、大会のレベル、賞金などを知れば、大会を少し違った視点から見ることができるようになると思います。

日本勢も応援したいところだけど、単純にハイレベルな戦いのバドミントンを見る絶好の機会です!バドミントンファンとしてはたまらない大会になること間違いなし!

それでは今回はこれにて。


mintonについて
mintonは、バドラー(バドミントンに関わる全ての人)にとって便利で楽しい世界を創出することをミッションに立ち上げられたポータルサイトです。

友だち追加
よしろー

よしろー

1992年生まれで、大阪府出身・在住。バドミントンのプレー歴は13年。指導歴は4年。  (公財)日本体育協会公認上級指導員(バドミントン3級) 、(一社)メンタルウェルネストレーニング協会MWT指導者(2級)です。小学生から大人まで、男女問わず初心者から中級者を対象としたバドミントンの指導を仕事の1つとしています。その他Webライティング等にも取り組んでいます。  好きなサイト:枚方つーしん

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です